Values2021通常号
5/12

5があり、盛岡さんさ踊りの中止が報道された後も、その練習会を継続して実施いたしました。また、第33回わんぱく相撲盛岡場所については規模縮小及び感染症対策を講じた上で実施いたしました。盛岡青年会議所はいついかなる場合でも決して歩みを止めることはありません。新しい道を切り拓くときには、不安な気持ちはありますし、批判されることもあります。しかし、私たちは青年だからこそ、常に挑戦する心を忘れず社会の変化にしなやか且つ強靭に適応しながら、すべての協力団体と共に行動していきます。 一般社団法人盛岡青年会議所ではスローガン 「強く、優しく~誰もが理想の未来を描き、挑戦できる社会へ~」のもと、本年度の運動を展開しております。盛岡青年会議所は、誰もが自身の住み暮らしているまちに理想の未来を描き、夢や希望を抱き続けることができるよう引き続き運動を発信してまいります。今回発行いたします広報誌「Values」で盛岡青年会議所の運動の一端に触れることによって、ご理解やご協力をいただけますと幸いでございます。 日頃より一般社団法人盛岡青年会議所に対しまして、格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 まずは、新型コロナウイルス感染症によりお亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げるとともに、治療に専念されております方々に対しまして、心よりお見舞いを申し上げます。また、行政や医療関係者をはじめ事態の収束に向けご尽力されているすべての皆様に対しましては、最大限の敬意と感謝を表する次第であります。 さて、新型コロナウイルス感染症の拡大は環境・社会・経済それぞれの観点において私たちの日常生活に多大な影響を及ぼしています。全国各地で開催予定であった様々なイベントが中止となっておりますが、同様に私たちが住み暮らしているもりおかにおいても、盛岡さんさ踊りが2年連続で中止となってしまいました。例年、多くの市民の方々と共に創り上げ、達成感を分かち合ってきた事業を中止とすることは私たちとしても大変遺憾であります。だからこそ、盛岡さんさ踊りの主催団体の一つである盛岡青年会議所としましては「来年こそは」という強い思いごあいさつ第69代理事長田た屋や舘だて 真ま留る久く[対談]強く、優しくら女性だからみたいな感じではなく、個性が重視されていると感じました。一人一人のことをもっと大切にするというか、そういう環境が素晴らしいと思っています。もし自分が就職するときは、男性らしさとか女性らしさとかじゃなくて、もっと一人一人の個性を尊重してくれたら、男性女性関係無く、働きやすい職場になるのではと思います。理事長:性別関係無くどんな人でも、一人の人間として尊重された社会になればいいってことですよね。波多野:はい。そうですね。理事長:みなさんがお話していただいたように、個人を尊重しあっていけば、無意識で当たり前な社会や行動ができ、ジェンダー平等につながっていくと思います。本日みなさんからいただいたご意見、理想などを盛岡青年会議所の活動に取り込んで、地域に対して提言していきたいと思っております。これからも盛岡青年会議所は時代に合わせて変化、対応し続けたいと思います。本日はありがとうございました。全員:ありがとうございました。※公益社団法人日本青年会議所東北地区岩手ブロック協議会のJAYCEEアカデミー講座

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る